外食が多い人におすすめのダイエット法

外食の多い方向けのダイエット法にはいくつかのポイントがあります。まず、レストランの食べ物は、どうしても味付けが濃く、塩分などが高くなってしまいます。出された料理にそれ以上に味付けはしないようにしましょう。

 

テーブルに置いてある醤油や、料理といっしょに出されるケチャップなどの使用は避けた方がいいです。

 

次に、メニューの選び方についてです。

 

外食するお店にもよりますが、パスタなどの炭水化物単品よりも定食ものを選ぶのがおすすめです。

 

例えば、中華料理店での外食であれば、ラーメン単品よりも回鍋肉定食などの方がダイエットには効果的です。

 

これには根拠があります。ラーメンやパスタと言った単品のメニューは、炭水化物の量が多すぎます。反対に、定食であればご飯とおかずとスープなどである程度のバランスが取れます。

 

ですが、外食のメニューでは野菜が不足してしまうのが常です。

 

サラダなどを追加で注文するのがおすすめです。サラダの選び方にもポイントがあります。サラダはサラダでも、ポテトサラダはNGです。ジャガイモは炭水化物ですし、マヨネーズには油分が多いからです。なるべくカロリーの低いものを選ぶようにしましょう。

 

ドレッシングの選び方も大切です。せっかくサラダを食べても、ドレッシングのカロリーが高くては台無しです。一般的にゴマドレッシングなどはカロリーが高めなので注意が必要です。次の外食でのポイントは、料理を食べる順番についてです。

 

まずはサラダや野菜料理から食べましょう。こうすることで血糖値を下げ、ドカ食いを防ぐことができます。そして次に食べるのが、スープ類です。ダイエットには体を温める効果のあるスープは持ってこいのメニューです。

 

サラダとスープである程度お腹をふくらませたら、次はメインの料理を食べましょう。ここで言うメインの料理は、ハンバーグや焼き魚などのタンパク質のものです。そして最後に食べるのが、パンやごはんなどの炭水化物です。このようなポイントを意識したダイエット法で賢く痩せましょう。